住宅ローンにおける固定金利と変動金利の違い

住宅ローンにおける固定金利と変動金利

住宅ローンを組む時に一番迷うのは、金利タイプをどちらにするか?悩むところですよね?

固定金利を選択するか。変動金利を選択するかです。
固定金利タイプにはふたつのタイプがあります。
返済期間すべて固定金利になるタイプと、一定期間を固定にし、残りの期間を変動金利にするタイプです。

全期間の固定金利は一番!金利の設定が高いです。

利点は返済計画が立てやすいということです。

返済総額が当初段階で明確なため、
どのような経済状況になっても金利の変動がないからです。
今日のように金利が低い場合には選択肢になります。

欠点は?!

しかし、欠点はその他のタイプに比べて一番金利が高いことです。返済総額が高額になる傾向があります。

一定期間固定、その後変動は現在いちばん安心なタイプであると思われます。

固定金利期間が過ぎた段階で見直しも簡便にできます。

一番金利が低いのは、いつの時代にも変動金利です。

変動金利の利点はあくまでその他タイプに比べて一番金利の低いことです。

それが固定金利と一番の違いです。変動金利は社会経済状況により金利が変動しますが、
バブルの時代のように高金利になる可能性が低い今日、金利上昇のリスクはありますが有用な金利タイプです。

どの金利タイプを選ぶにしても、複数の金融機関に住宅ローンの試算をしてもらうことが有用です。金融機関によって、同じ金利タイプでも大きく返済総額が違います。

※返済については不動産を売却するときに、不動産仲介業者さんが相談に乗ってくれます。

>>引用不動産一括査定のメリット・デメリットの解説

なお、一度借りた金利タイプは経済状況によって、
状況が変化するため注意深く継続的に注視することが有用です。